広島アスリートマガジン 2016年02月号

2016年2月号エース襲名

投手陣の大黒柱へ
大瀬良大地
エース・前田健太が抜けた今季、次世代のエースとして期待されるのが 今季3年目を迎える大瀬良大地。昨季途中に中継ぎに転向し、フル回転の活躍で 投手陣を支えた。そのなかで味わった苦悩と、先発への思いを背番号14が語ってくれた。

再起への呼吸
今村 猛
かつてセットアッパーを務めたその男は、大瀬良大地のリリーフ転向に誰よりも悔しさを感じていたはずだ。 自分がいるべき場所へ再び舞い戻るために――。背番号16は静かに再起への呼吸を始める。

PRICE

¥ 800SOLD OUT

大変申し訳ありません、こちらの商品は完売いたしました。詳細についてこちらよりお問い合わせください。

通報する
  • Home
  • About